TOP

沖縄の定番食材「ポーク」を使った料理とその歴史

沖縄では、ランチョンミートのことをポークと言い、チャンプルーをはじめとして様々な家庭料理に使用されています。本土以外ではスパムと呼ばれることが多いこの食材、沖縄以外では余り食べる機会がないと思いますが、そもそもポークはアメリカ発祥の食材で、戦後の食糧難時代にお肉の代用として配給されたのが沖縄での歴史の始まりと言われています。その後、ポークは家庭に広く普及し、現在もチャンプルーの具材や玉子と炒めたポーク玉子、おにぎりの具など、色々なバリエーションで親しまれています。
観光で行く場合には、料理屋に行けば必ずと言っていいほどポークを使用したチャンプルーやポーク玉子がメニューとしてあるため、食べることの出来る機会は多く、更にコンビニやスーパーでは、おむすびの定番としてポークおむすびが必ずと言っていいほど置いてあるので、海に行くときのお弁当としてもいいかもしれません。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2015-08-11 01:15

コメント (0)